ジャイロプレッソはホットも抽出可能?


コールドブリューに合うコーヒー豆を探し求めて

こんにちは!MEDIK LIFE編集部です。


最近、社内にコーヒーの香りが充満しており、医療機器系の会社だったはずなのに、コーヒー豆たくさん種類あって、カフェでも開けるのかな?というくらいあったりします。


今回、ジャイロプレッソをはじめる時に、まずブルーボトルコーヒーさんの豆をテストで使わせて頂きました!

なぜブルーボトルコーヒーかというと、今こちらを書いている私自身がミーハーで『コールドブリュー』といえば、『ブルーボトルコーヒーさんのコーヒー豆でしょ!』と安易な理由です。


もちろん!製品担当は、スターバックスさんのコーヒー豆をはじめ、様々なコーヒー豆を試した上なので安心してください。


これは、あくまで私がこのジャイロプレッソを最初に実験するのに適したコーヒー豆がブルーボトルさんのコーヒーだったというだけです。


ちなみに、最初に実験したスリー・アフリカズを選定した理由について、ブルーボトルの店員さんにジャイロプレッソの作り方の動画を見せて

『これに合うコーヒー豆を選定してください!』と、半ば強引な形でお願いをしたのが経緯です。

ブルーボトルさんの店員さんには、感謝しております。

ジャイロプレッソはホットも抽出可能?


さて、今回のテーマはコールドブリューというテーマから離れて、ジャイロプレッソがお湯で抽出が可能かどうか?


もちろん可能です。


製品の構造上、コールドブリュー仕様で作られているのもあって、お湯で抽出するとかなり濃く抽出がされます。そのため、個人的にはエスプレッソが好きな方にはお湯での抽出も試して欲しいです。


一方で、やや濃いのが苦手な方には、お湯で割ったり、ミルク(カフェラテ風に)、もしくはアフォガード(バニラアイス)もオススメです。

ちなみに、MEDIK LIFE編集部ではアフォガードが好評で、もう少し暖かい気候になれば、15時(おやつの時間)くらいにジャイロプレッソで濃いコーヒーを抽出して、食べるという習慣ができるのではないと。。。


ジャイロプレッソは何故濃く抽出することができるのか?


通常、コーヒーというのはフィルターなどを使って、お湯(または水)に触れることでコーヒーの味が出ます。

今回のジャイロプレッソも同じですが、他社と大きく違うのが、その抽出方法です。


ジャイロプレッソの中にある「ジャイロフィルター」にコーヒー(粉の状態)を入れますが、このジャイロフィルターが高速回転することで、コーヒーが遠心力で外に押し出されて、適度な圧力がかかります。


遠心力を使って挽き豆を圧縮して固めることで、コーヒーに対して上からゆっくりと落ちてくる水(中心部から)が少しづつ注がれますが、遠心力によってコーヒー豆に対して水が横方向にくぐらせることで、短時間でしっかりとした味のコールドブリューが作ることができるようになっています。


実際、抽出後のフィルターを覗くと、水分を含んだガチガチに固まったコーヒー(コーヒー粕)が中央にぽっかりと丸く穴を空けた状態になっていることが確認できるはずです。


この抽出方法がコールドブリューでも味がしっかりと出る秘密であり、さらにお湯で抽出すると、『温度』という概念が新たに加わり、同じ豆でも全く違う濃さのコーヒーができるのです。


実は、この抽出方法(圧力をかける)は、コーヒーをご存じの方ならエスプレッソと近い抽出方法です。


だからこそ、たった4分という短時間でコールドブリューが作れる上に、少し濃いコーヒーを飲みたい時も水からお湯に変えることで、4分という時間は変わらず高濃度なコーヒーが抽出できるんです。


まずはジャイロプレッソ専用のコーヒー豆を試して!


今後もこちらジャイロプレッソについて詳しく解説をしていきますが、コーヒー豆について恐らく、コーヒー好きの人ならお好みの挽き方や焙煎度合いがあるかと思います。




ただ、今回私たちが用意した豆は、その基本(ジャイロプレッソを飲む上での)ベースとしてご用意させて頂きました。『この挽き方だとこんな味が出るんだ』とわかりやすく用意させて頂いたコーヒー豆ですので、ぜひ最初にこちらのコーヒー豆を使った上で、各々のお好みのコーヒー豆をご選定頂けますと幸いです。


・G-Pressoブレンド(超深煎り)100g

G-Pressoに合う基本のブレンドをご用意しました。酸味を抑えた、しっかり苦味を感じる深煎りのコク深いブレンドです。




・エチオピア ウラガ・スーパーナチュラル100g

エチオピアのユニークな豆をご紹介します。スーパーナチュラルと銘打った特別な製法で作られたこの豆は『これがコーヒーなの?!』と驚くようなベリーを思わせる香りや酸味をお楽しみ頂けます。



・エルサルバドル シェキーナ100g

中米のエルサルバドルからは苦みも比較的弱く、酸味もおだやかで、ごくごくと飲みやすい中煎りの豆をご紹介いたします。バランスの良いコーヒーなので、苦味も酸味も苦手、と言う方にぜひお試しいただきたいコーヒーです。



・ブラジル カルモ100g


世界最大のコーヒー生産国のブラジルからは、ほんのり甘い香りが漂う中深煎りのコーヒーをご紹介します。まろやかな酸味と穏やかな苦味、トロッとした質感とナッツを思わせる香りは、ミルクとの相性も抜群です。


現在、Makuakeさんのクラウドファンディング中ですので、下記にてジャイロプレッソやコーヒー豆の購入は可能です。




またMakuakeの期間中はお得に買える限定期間ですので、ぜひ製品のお買い求めを検討中の方はこの機会を逃さないでくださいね。


Makuakeのクラウドファンディングはこちら!

https://www.makuake.com/project/gpresso/


ではでは。